プロジェクト報告

みらいブログ№7私たちの目指す社会②

2015年07月27日

児童養護施設でお世話になっている子供たちは様々な

理由で施設に入っています。

決して経済的に恵まれているわけではなく

なおかつ精神的に大きな傷を負っている子供たちが多いのです。

なぜ、そんな子供たちが数多く存在するのか?

それは、親の問題であり、地域の問題であり、社会の問題ではないのかと思います。

毎日ニュースで虐待や育児放棄などを聞きはしますが

実際に目にすることもなく

実感がわかないままに関心が無くなってしまい

なにをどうすれば良いかわからないという状況

悪いことをするときに、ためらうことは良くありますが

良いことをしようとおもっても、ためらってしまうことはありませんか?

私たちは一人ひとりが少しだけ、5%だけ優しくなることで、子供達をとりまく環境や未来が変わるのではないか

と思います。

ある方が私たちに言ってくれました。

「月に1日のボランティアを日本国民全員が取り組めば年間15億工数、

日本中の公務員の数が約300万人として7.2億工数ですから

日本政府が二つできる勘定です。革命的な5%、素晴らしい!(^^)!」

とても勇気を頂けたお言葉でした、一人でも私たちの理念に共感していただける方がいる限り

活動を続けていきたいと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。