プロジェクト報告

みらいブログ⑲ボランティアクルーからの手紙

2015年09月18日

(感想)

初めてのボランティア参加でした。まずはクルーさんたちとお話しするところから緊張気味でしたが、本当に気さくに話しかけていただいて、距離が少しでも縮まったかなと思いますありがとうございます◎

子どもたちとも初めは少し緊張気味でしたが、徐々に打ち解けていったように思います。

子どもたちにとって、いい思い出になっているといいなと思います。
(子どもたちに対して)

初めは互いに緊張感がありましたが、次第に打ち解けてきたように思います。公園の行き帰り「暑い〜。だるい〜。まだ〜?」と常に連呼し疲れ切っていましたが、行きよりも帰りの方が笑顔が増えていたように思います。

友だちが見当たらないとなったとき、「私も探す!」とみんなが言っていました。施設でみんなが仲良く暮らしているなと感じることができました。
(先生に対して)

普段の施設の話を多く聴きました。先生との話も多く、楽しそうに話をしていました。子どもと先生の間の信頼関係がしっかり築いていらっしゃるなと感じました。

今回はほぼマンツーマンで一人ひとりをみてあげることができましたが、日々の生活では多くの子どもたちに目を通すのは大変であるように感じました。
(自分の気づき、学び)

すべり台で滑るとき、「先生の膝に乗っけて〜」と言われ、膝に乗っけてみんなでくっついて滑りました。今回は一人ひとりに遊ぶ相手がいたため、普段できなかったようなことを頼んでみたりと少し甘えてくれたのかなと思います。

いろいろな方も以前からおっしゃっていたように、「次いつくるの?」という返答に困ってしまいました。ハッキリと予定を伝えてあげられない辛さを感じました。
課題

難しいことではありますが、もっと遊ぶ時間をつくってあげられたらと感じました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。