プロジェクト報告

408・こどもスカウトキャラバンin堺市

2019年01月03日

施設訪問感想シート version4
月日 12月16日
訪問回数 8回(SC2回目)
時間 14~17時
内容 スカウトキャラバン
対象 小学生19名
感想、気付き、感じたこと
子ども達は5月のスカウトキャラバンよりも安心して参加できていたように思います。前回の感想では、発表者の特徴やワークの内容を覚えている子がいました。樹下さんは初めての司会進行役ながら、愛情いっぱいのやさしい口調で、子どもたちの心を和やかにしてくれました。サンクスカードのお礼と感想を述べられると、子どもたちは目を輝かせて聞いてました。発表者の吉本さんからは、今の仕事が楽しくてしょうがないといったワクワク感が伝わりました。子どもたちにも身近なお話し(買い物や日用品に関する内容)だったので、楽しんで考える体験ができたと思います。SCMというと難しい仕事のように思うけど、頑張れば誰にでもできる職業だと伝えてくれました。吉田さんの発表では、子ども時代のエピソードや趣味、エンジニアを志した理由と今後の夢をわかりやすくお話しされてました。未来の車を考えるアイデアでは、子どもの発想力と創造力に感心しました。みんなで考えることの楽しさや、失敗しても諦めずに何度でもチャレンジすることの大切さを伝えてくれました。子どもたちが想像以上に自動車にも関心があって知識があったのは驚きでした。
ドリームマップでは、○ちゃんがおしゃれな服と靴、海外の風景写真を貼って完成させました。大人になったら何の仕事がしたいの?と質問すると、テレビに出る仕事(バラエティかな?)と教えてくれました。会話のやりとりを近くにいた二人組がニコニコと見てました。その子たちは勧めてもマップ作りをしなかったのですが、居心地よさそうにしてくれてたので良かったです。子どもの素直な気持ちに寄り添いながら、少しずつ夢の一歩を応援していきたいと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。