プロジェクト報告

424・【児童養護施設訪問日記・ボランティアからの手紙】

2019年01月31日

月日 1/19

回数 25回前後
時間 14〜16時
内容 上靴洗いのお手伝い、カルタ、凧づくり、外遊び

対象 幼児さん

感想
着いた時は、まだ何人か食事中だった為、食べ終わるまで幼児さんたちとスキンシップをして待ちました。とても良い時間になりました。

カルタを私が持ってきたと伝えて下さっていたようで、○ちゃんが何度も『あいあいが持ってきてくれた』と言ってくれて、誰が持ってきた物なのか?にまで気持ちがいく事に嬉しく思いました。

▽ちゃんが泣いて『もうやらない』と言ったのですが、ゆかさんの上手な対応に、▽ちゃんがニヤッと笑い機嫌が直ったのがすごく可愛かったです。
私が『ゆかちゃん、めちゃ弱いかも知らんから見張っとかな』というと真剣な眼差しで見ていた姿も素直で愛らしかったです。

□〜にカルタを上手に読めた事を褒めると得意そうにしている姿がとても可愛いらしく、小さな自信の積み重ねの一つになったと思います。

◎ちゃんは凧用に持参したリボンを鏡の前に立ってカチューシャのようにしていたので、上でリボン結びをしてあげると、ずっとつけたままにしていて、気に入ってくれたみたいで、私も嬉しくなりました。

▲ちゃんと◆ちゃんの上靴洗いを手伝っている時、▽ちゃんが沢山話掛けてくれました。□ちゃんは、小学生組に行ってからは、私に対してツンデレで、時々凹む事もあるので、すごく嬉しかったです。口は悪かったですが、弟の◆ちゃんの上靴洗いを手伝ってあげて、いつも弟には優しい○ちゃんです。

凧作りでは、△〜のセンス、アイディアには感心しました。アイディアを▶ちゃんが真似をしたのですが『い〜よ〜』 と優しい返事でキュンとなりました。

今回の工作は想像以上にみんな真剣で楽しそうにしていていました。シールも何個までねというと○ちゃんと、◆〜はしっかり守れていてお姉ちゃんになったなぁと成長を嬉しく思いました。

今回、初訪問の方も、事前の話し合いにも積極的に入って下さり、ものすごく嬉しかったです。当日も上手に子供たちと関わられていて素敵でした。
———————————————————————
【みらいこども財団HP】
https://miraikyousou.com/wp2/
◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら
https://miraikyousou.com/wp2/join#anc01
———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————————————————–
貧困・虐待を社会貢献で無くす

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。