プロジェクト報告

みらいブログ437【教育プロジェクト日記】

2019年02月23日

ツナガル 教育プロジェクト 共有シート

訪問日時 2月5日(火)19時~20時

教育内容
1番初めにやってもらった時に比べ、だいぶ解けるようになったなという印象でした。先日の卒業試験もやはり10点や20点のものが多く、点数にはなかなか反映されないのが悔しいですが、職員の方も「ほんとに頑張ってくれてます」と仰ってくれました。やる気は本当に感じるので、それがうまくテストで発揮できないのは○ちゃん自身も悔しいのだと思います。発達障害のことを自分でどう思っているのかわからないですが、自分が悪いのだと思わないようもっともっと褒めていっていけたらなと思います。
さらにこの日は面接の練習もしました。受け答えはある程度決めているみたいで、忘れたらどうしよう、と何度も受け答えの練習をしました。高校で頑張りたいことを聞いたら、「いままでテストでいい点を取ったことがないので、高校では国語、漢字を頑張りたい」と答えていて、じんときてしまいました。高校への進学が決まっても、○○ちゃんが「頑張りたい!」と思えることを見つけていくお手伝いが出来るといいなと改めて思いました。将来の夢を聞かれるのがいちばん不安みたいで、まだ決まってないんだと言っていました。

私立の試験は9日で、公立は19.20日になるそうです。来週の分をお休みにして、代わりに金曜にもう一度来ることになりました。前日なので勉強もしつつ、○○ちゃんの息抜きになればいいなと思います。

———————————————————————
【みらいこども財団HP】
https://miraikyousou.com/wp2/
◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら
https://miraikyousou.com/wp2/join#anc01
———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————————————————–
貧困・虐待を社会貢献で無くす

この記事を書いた人

みらいこども財団
みらいこども財団
みらいこども財団スタッフが更新しています。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。