プロジェクト報告

みらいブログ469【児童養護施設・施設訪問日記】

2019年04月16日

訪問回数 約10回
時間 13~ 16時
内容 読み聞かせ、クレーンゲーム

対象 幼児さん

感想、気付き、感じたこと
はじめに、読み聞かせをさせていただきました。1つ目は楽しいお話、 2つ目は少し勉強になる話、3つ目は子どもたちも巻き込んで楽しめるお話にしました。3冊目には、子ども自身が自分で読みたい!!っと言ってくれ、一緒に読み聞かせを行いました。お話しを楽しむのと同時に、子どもたちの字の勉強にもなればいいなと思います。
『パンダのともだちたいそう』では、子どもたちが真似をして形を作っている様子がとても可愛らしかったです。

クレーンゲームでは、子どもたち1人ひとりの個性が表れた作品になり、子どもたちが普段好きなものなどが感じとれ、素晴らしかったです。ゲームをする場面では、負けず嫌いの子が多く少し悔しそうな表情をみせる子どももいましたが、とても楽しんでもらえたと思います。
クレーンゲームのあとは、子どもたちをおんぶしながら、少し体を動かして遊びました。室内だったので、騒ぎすぎないように、工作の方では走らないよう配慮していました。普段は年下の子をおんぶするばかりである小学生低学年の子ですが、訪問時は私がおんぶをしてあげると、とても嬉しそうにはしゃいでくれました。いつもはお姉さんですが、訪問の時は少しでも甘えられるような場面を作ってあげられてよかったなと思いました。
別の場所で折り紙をしていて女の子が、四つ葉のクローバーに私の名前を書いてプレゼントしてくれました。私にとって最高のプレゼントで、嬉しかったです。大切にします。
最後に小学生の部屋にお邪魔し、幼児さんの頃からよくお話しをしていた女の子に最後の挨拶と折り紙のプレゼントを渡しました。私が以前、誕生日のお祝いで渡した手裏剣を大事にしていてくれ、見せてくれました。とても嬉しかったです。これからの成長が楽しみだと思いました。

———————————————————————
【みらいこども財団HP】
https://miraikyousou.com/wp2/
◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら
https://miraikyousou.com/wp2/jo
———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————————————————–
貧困・虐待を社会貢献で無くす

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。