プロジェクト報告

ブログ501・児童養護施設訪問日記

2019年06月15日

6月9日(日)

訪問回数 3回

時間 13~16 時

内容 絵本の読み聞かせ、傘袋ロケット、シャボン玉、外遊び

対象 幼児さん

感想、気付き、感じたこと

3回目で子どもたちも慣れてきてくれたのか、訪問後すぐにかけ寄ってきてくれてお話してくれました。絵本の読み聞かせでは、○さんが歌を歌ったり、質問を交えて進めてくださったので、子どもたちも楽しみながら、集中して聞いていたように思います。

工作では6月ということで傘袋をつかってロケットを作りました。クルーさんが少なかったこともあり、ハサミやノリをできるだけ使わずにできるものをと思い提案しましたが、子どもたちも思った以上に楽しんでくれて良かったです。毎回ですがデコレーションに個性がでていて、創造力がどんどん育っているように感じました。

また、今回も■ちゃんから工作のプレゼントを貰えました。名前入りで作ってくれたのでとても嬉しかったです。お返しにお花を作って渡してあげると喜んでくれたので、こうやってひとりひとりと向き合うことも大切に続けていけたらなと思いました。

外遊びでは、暑いなか走り回ることが少し心配だったので シャボン玉を持参しました。幼児さんに限らず小学生さんにも人気で、吹き口はたくさんあったのですが、みんなに渡せず何人かで使ってしまっていた子がいたようでした。次回 持参することがあれば、クルーさんや職員さんに個数や置き場所の共有をして 衛生面に気をつけようと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。