プロジェクト報告

みらいブログ547・児童養護施設訪問日記

2019年09月14日

8月31日
訪問回数 30回
時間 13~15時
内容 ペットボトルボーリング、ペットボトル輪投げ

対象 幼児

感想、気付き、感じたこと
今回は晴れの場合は水遊びができたらと思っていましたが、当日の気象状況等を考慮して水遊びはできなくなり室内遊びをしました。施設職員さんは準備段階から直前まで水遊びを検討してていただきありがたかったです。
室内遊びの内容としてはペットボトルボーリングやペットボトル輪投げを考えていました。最初にペットボトルの飾り付けをしましたが、みんなそれぞれ個性的な飾り付けをしていて良かったです。ペットボトルの飾り付けや新聞紙での遊び方が広がっていたので、ボーリングや輪投げをみんなで一斉にすることはできませんでした。ただ、それぞれ自由に遊んでいたのはとても楽しそうだったので、子供たちにとってはいい時間になってくれたら良かったなと思いました。

———————————————————————
【みらいこども財団HP】
https://miraikyousou.com/wp2/
◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら
https://miraikyousou.com/wp2/jo
———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————————————————–
貧困・虐待を社会貢献で無くす

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。