プロジェクト報告

みらいブログ548・児童養護施設訪問日記

2019年09月15日

8月31日(日)

訪問回数 6回
時間 13~16 時
内容 絵本読み聞かせ、魚釣りの工作、水遊び
対象 幼児さん

感想、気付き、感じたこと
小学生の女の子担当でしたが、囲碁大会で全員おらず、急遽 幼児さんチームに入れていただきました。3ヶ月ぶりに幼児さんとしっかり会うことができ、子供たちも覚えてくれていて嬉しかったです。
絵本読み聞かせでは ○ちゃんが膝の上に座って聞いていました。回を重ねる事にみんな落ち着いて聞けるようになっているようで感心しました。また、今回は□さんが海外転勤されることを子どもたちにお話ししていました。転勤のことがわからないながらも「1人でいくの?」「明日から行くの?」と問いかけていて 優しさを感じました。

魚釣りの工作では ▲くんに付きっきりでした。最初は自分で魚を描こうとせず、理由を聞くとうまく描けないのが嫌だからと言っていました。一緒にやろうと言って ペンを2人でもって描いているうちに、目や鱗などのパーツを描いたり 色を塗ったり、自発的に描くようになり、「すごいね!」と褒めてあげると嬉しそうにしていました。
そのあと魚釣りゲームをしていると、釣ってきた魚を調理してとお願いされて、おままごとのような感じになっていました。「ばっさー、ママね!」と言われて呼んでいたので、普段できない甘え行動(ママの代役?)だったのかなと思います。
外での水遊びでは 着替えの関係で幼児さん自身は濡れてはいけなかったので、水鉄砲の的になって逃げ回っていました。みんなキラキラした顔をしていたので よかったです。
訪問後 帰ろうとしたときに小学生の女の子たちが囲碁大会から帰ってきたので、少しだけお話ししにいきました。◎ちゃんと□ちゃんが出迎えてくれて 大会で2位になったと報告してくれました。

———————————————————————
【みらいこども財団HP】
https://miraikyousou.com/wp2/
◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら
https://miraikyousou.com/wp2/jo
———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————————————————–
貧困・虐待を社会貢献で無くす

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。