みらいブログ577「利他の風が吹く」

2019年11月17日

今日も施設訪問してくださったボランティアクルーさん
東京のミーティングにも多くのクルーさんが参加していただきました。
本当にありがとうございます。
みなさんの貴重な時間をいただき、それだけのミーティングができているかというと
全く自信がありません。
ほんとうにすみません。
ミーティングや施設訪問が終わったあとに、本当に充実していたと感じていただけるようにと考えていますが、毎回もっと準備しておけばよかった思わなかった日はありません。
それでも、仲間との絆や子供達のとの絆はふとした何気ない時間や日常がつくりだすものであり
意図してできるものでなないのかもしれません。
私たちが施設訪問を継続を大事にしているように、毎月顔を合わせることが大事なのだろうと思います。
ときには面倒臭くなるときもあると思います、それでも私たちが目指している未来を疑うことなく、みなさんが信じていただければきっと私たちと子供たちが手を繋ぎ一緒に幸せを感じることのできる、誰も見たことのない優しい社会ができるのではと思います。
わたしが財団を始めたときは、誰一人周りの人は賛成をしてくれませんでしたが、
今では多くの仲間があつまってくれていることが何よりの証明です。

わたしの師は
100%利他の心で始めたこと、事業は発展しないわけがない。
発展するしかないとおっしゃってくださいました。
おっしゃるとおり、みなさんのような方が考えに共感していただけることが現実となっています。
それを「利他の風が吹く」というそうです。
一人では決してできそうもないことでも、利他の思いで行うことは失敗するわけがない。
失敗したとしたら、わたしが私心にまみれてしまうことかもしれません。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。