プロジェクト報告

施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

2021年08月03日

訪問日 :7月10日

訪問回数:4回

訪問時間:13時~15時

内容)◆中遊び
・PCゲーム
・おしゃべり
・テープ転がし
・テレビ視聴
対象 )小学生男子

 

感想、気付き、感じたこと

今日は小学生ユニットにお邪魔し、室内で小学生男子3人と遊びました。
久しぶりの訪問でしたが、顔は覚えていてくれて、続けて訪問して良かったと実感しています。
【PCゲーム】

ユニット訪問時、ご飯が終わって3人ともPCゲームをしていました。
一人がゲームし、二人が見ていたので、訪問メンバーは近くで見守っていました。
Aくん、Jくんは途中で人生ゲーム(ボードゲーム)を始めたので、PCゲームを続けているDくんとお話しながら、近くで見ていました。
「見てて!」と得意気にプレイ姿を見せてくれたのは嬉しかったです。
【おしゃべり】
PCゲームが終わって、Dくんは自分のお部屋に案内してくれました。
ぬいぐるみを沢山持っており、楽しそうに一体ずつ特徴を説明をしてくれました。
【テープ転がし】
Dくんと廊下で丸いテープを転がしました。転がし方にも工夫があると丁寧に教えてくれ、優しい一面を知れました。途中でやってきたJくんと話をして、絶滅した動物に詳しいと色々とお話してくれました。やんちゃな一面がある子ですが、知識も自分のものにして説明できるのは凄いと思いました。
【テレビ視聴】
皆で録画したテレビを見ていました。途中で飽きてしまったのか、Dくんが持ち物のタオルや被り物を自分に被せてきたので、一緒に遊んでました。

最後に先生とお話し、職員さんは忙しく、子ども一人一人と向き合う時間が取れないとの仰っていたので、Dくんは一対一で関わっていた自分に甘えてきたのかな?と振り返って思いました。
また、学園の取り組みとして、地域の家(?)を借りて、小学生高学年、中学生の4人と先生1人で生活されているとのこと。(施設を出てから自立できるように)
財団で取り組んでいるラブレターについてお話しして、受け取っていただくことは可能との回答をいただきました。

 

この記事を書いた人

みらいこども財団
みらいこども財団
みらいこども財団スタッフが更新しています。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。