プロジェクト報告

児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

2021年08月19日

訪問  8月 8日

訪問回数   6回くらい (同一施設)

14時~16 時

内容 ミサンガや折り紙

対象 M君など
感想、気付き、感じたこと

久しぶりの訪問でした(2年ぶり?)
訪問の開始前と後に担当の職員さんが時間を取ってくださり、先生の気になることやこちらが気をつける内容(熱中症対策などや子どもたちへの対応)について話す時間が取れました。
今まで前後共にお話できたことがなかったため、施設と財団の間の信頼関係が深まっているのだなぁと感じました。
ピロティに向かう途中であった子が「もうみんな上で待ってんで」と言ってくれました。
今回の時間帯が小学生の子たちのプールの時間にかぶっていたためほとんどの時間を幼児さんと一緒に遊びました。

子ども5人に対して大人が3人だったこともあり、落ち着いて過ごすことができました。
水分摂取などは一回促すだけではなかなか行ってくれませんでしたが、何度か伝えるとみんな行ってくれました。
事前に先生より、衝動性が強く感情が強く出てしまう幼児さんがいることを聞いていたため、各クルーで気にしながら対応でき、トラブルになることもありませんでした。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。