社員日記

コロナ禍の夏休み

2021年08月16日

東京・大阪、そのほかの地域で緊急事態宣言が発令されており、
今月も施設訪問はほとんどが中止となっています。

入ったばかりのクルーさんは初めての訪問がなかなか行けなくて
活動の実感がまだ湧かなかったり、
以前から所属してくださっているクルーさんも子どもたちに会えなくて
もどかしい想いをされていると思います。

未だ我慢は続きますが、引き続きできることを考えて取り組んでいきたいと思います。

先日、ある施設の職員さんに夏休みはどのようなご様子ですか?とお聞きしたところ、
「近くの川に行ったり、近くのプールが整理券制になっているから順番に行ったり、
グラウンドにプールを出して遊んだりしています。」

「いつもはイベントなどがあって職員も大忙しですが、逆に穏やかに過ごせているかもしれないです」とおっしゃっていて、コロナ禍の唯一の救いのように思いました。

地域や各施設さんにもよるところですし、基本的には子どもたちも
多くを我慢しているので決して良い環境というわけではないと思うのですが、
制限がある中でも楽しく過ごせるように、職員さんが工夫されているんだなと改めて頭が下がります。

もちろん施設にいる子どもたちだけが我慢しているわけでもないと思います。
全ての子どもたちも大人もみんながコロナ前のように外に出かけたり、
当たり前のようにお友達と会える日常が一日でも早く戻ってきて欲しいと願うばかりです。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。