プロジェクト報告

児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

2021年09月02日

7月23日

訪問回数:初回

13時~15時

内容:鬼ごっこ、公園内をランニング、池周辺での舟遊び

 

対象:小学生男女

 

感想、気付き、感じたこと
訪問中・訪問後と、御蔭様で心穏やかです。感謝しています。

今回に限らずですが、現段階では『試し行動』には直面していません。子ども達の気持ちが落ち着いているのか、まだ『試し行動』に至る段階ですらないのか。多分後者かなと思いますが、とにかく継続的に信頼を築きたいです。
配慮して下さって、小学1年生のH君と特に長い時間を過ごさせてもらいました。まずは遊具での鬼ごっこから。そのうちに『ついてきて』とH君から言ってくれて、公園内をかなりの時間二人で走り回りました。何度も『ついてきて』との言葉があり、とにかく離れないように一緒に走り続けることだけを考えました。たまに、興味をひかれたのか蝉の抜け殻を見つけて粉砕していました。走り回っていて、H君は何度か転びました。幸いこれといった怪我はありませんでしたが、一度だけ、肩の所が痛いと、同行の職員さんに言っていました。
水をきちんと飲んでいるか、途中でMさんが何度か声かけして下さいました。H君の場合、どうやらあまり自分から水を飲もうとはしないのかも知れません。今回は余裕はなかったですが、次回以降、子ども達の水分補給についても気をつけます。
引き続いて、今度は池の脇にある小さな水路で葉っぱを使っての舟遊びです。H君だけではなくI君や他に女の子もいて、水路で水浸しか?との局面もたまにありましたが、子ども達もバランスが良いのか意外にそうはならずでした。やはり大きな葉っぱを集めたくなる子が多いようでしたが、H君の場合は小さな葉っぱをたくさん集めたいタイプのように見受けました。印象に残っています。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。