プロジェクト報告

児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

2021年10月21日

訪問 10月10日

訪問回数   1回 (同一施設)
14時~ 16時半
○内容 )どんな遊びやお手伝いをしたか?
・ひもを使った外遊びの手伝い
・チョークでお絵描き
・公園遊び(砂遊び(水遊びあり)、ジャングルジム、子ども用車を押してあげる)

○感想、気付き、感じたこと
事前に施設やその周りの地域のお話をして下さりとても勉強になりました。町並みも独特の雰囲気で驚きました。
その場その場で適当に声をかけたりかけられたりして遊ぶ、というスタイルが、子どもとほとんど遊んだことがない自分にできるかな…とプレッシャーに感じましたが、子どもの方から声をかけてくれたりして一緒に遊んでくれました。
外遊びで、ジャングルジムなどけっこう危険な遊びもありハラハラしました。スタッフさんから何か指示があることはあまりなかったので、どこまで見守りしてあげたらいいのかな…と悩みました。
終了時の片付けしようね、等の声かけに全く応じてもらえなかったので、初対面の知らん人の言うことなんか聞かんよね…この点でも同じ顔ぶれが関わり続けて子ども達と信頼関係を築く意味があるんだろうなぁと思いました。

○次回の課題・目標
子どもたちはとても可愛らしかったですが、今回は、もっと上手く関われたんじゃないかという反省と慣れないことをした疲れの方が楽しむことより勝ってしまったので、次回はもっと楽しみたいです。
次回は財団の先輩やスタッフさんが子ども達とどう関わられているかをもっと見て、参考にしたいです。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。