プロジェクト報告

児童養護施設訪問・ボランティアクルーからの手紙

2021年11月04日

施設訪問感想シート version.5.1
訪問:10月24日
訪問回数:9回(同一施設)14時~16時
内容:ドッジボール、鬼ごっこ
感想、気付き、感じたこと:
いつものように先生が子どもたちの様子を教えてくれました。ユニットで感染者が出た為に濃厚接触者となった子どもが登校できず、オンライン授業には参加するものの学習格差を感じてしまい、情緒不安定になっている子が数名いるとのこと。また、施設で過ごす時間が多いため子ども同士の小さな諍いも増えているそうです。他にも、学年2クラスだったのが1クラスに統合されて環境の変化に馴染めなかったり、子どもにとって安心できる居場所や機会を失われていることが大きいように感じました。
今年から小学生になったK君は初めましてだったのですが、年上のお兄さんやお姉さんの中にあっても堂々たる遊びっぷりで感心しました。
中学生のA君、Sちゃんも途中からドッチボールに参加して楽しんでくれました。最後に2人から「楽しかったです、また来てください」と子ども代表で挨拶をしてくれて感激しました。コロナが終息しても人と人が交流することの温かい気持ちを育んでほしいなと願います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。