みらいブログ

2022年04月09日

先日、私が新卒で入社した際に大変お世話になった先輩が亡くなったという連絡をいただき
お別れの挨拶にお伺いしました。
最初に入った会社は大変忙しく月末になると連日日付が変わるまで仕事が終わらないという状況で
入社したばかりの私は今で言う病んでいるという状況であったように思います。
そんな私を何かと気にかけて下さった先輩でした。
先輩は、私が会社を退社してボランティア団体を立ち上げて周りの人から総スカンを受けているときにも
時折電話をしてくれて、
谷山はみんなの誇りやで、頑張れよ。
と声をかけてくれました。
本当に嬉しかったし、ありがたいと思いました
そんな先輩が病気で亡くなったとお聞きし、大変ショックでした。
私は才能も何もないですが、周りの多くの方に支えられていたんだと改めて思い知らされると共に
先輩への恩返しは、本当に社会を今より少しでもよくすることしかお返しするすべは無くなりました。

人は誰でもいつか死を迎えます。
後に残るのは骨だけかもしれません、それならば思い切りやり切ってみたいと思います。
思いや理念だけは幾重にも繋がり続けて行きます。
私の次は皆さんへ、みなさんの次は次の世代の子どもたちへ
その先により良い社会がまっているのを信じて。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。