みらいブログ

児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

2022年04月28日

施設訪問感想シート version.6.0

訪問日時 2022年4月16日 14時~ 16時

訪問形式  訪問
訪問回数   11回 (同一施設)
訪問内容外遊び(水切り、野球、バトミントンなど)

感想と気付き
コロナの影響により4ヶ月ぶりの訪問でした。初めて、施設の外に出かけて子どもたちと遊べるワクワク感で、前日の晩は楽しみすぎて寝れませんでした笑
T先生からは、いつものように子どもたちの様子などを教えていただきました。新年度になって環境の変化に適応できない子、来年4月に新しいホームが完成して、集団生活から家庭的な小ユニットに変わっていく方針であること。いずれも子どもたちは不安を覚えたりするので、一人ひとりに寄り添って安心させるように説明しているそうです。
子どもたちは河川敷に行くのが2年ぶりということもあって嬉しそうでした。子どもの安全を意識しながらも積極的に声をかけるようにしました。会話のなかで、「弟へ手紙出すから郵便局によく行くねん」、王将に行ってご飯食べるねん」といった話をしてくれました。その時の顔がどこか寂しげで家族への想いを感じました。
河川敷に到着すると、それぞれに好きな遊びで楽しむことができました。水切り、バトミントン、野球、シャボン玉など時間いっぱい笑顔で楽しんでくれたことが良かったです。都会のビルが見える河川敷で、広い空と芝生の上で体を動かすことができて気持ちよかったです。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。