社員日記

目指す姿

2022年05月20日

先日、ある企業の方とお話をさせていただきました。
その方はもう20年近く企業としても個人としても施設さんと関わりを持ち続けられていて、
施設を出られたお子さんとも連絡を取ったりご飯に行ったりされているそうです。

みらいこども財団のボランティア説明会の時に
ボランティアをしたいと希望する皆さんに必ずお伝えする、
ボスが昔ある職員様からいただいた言葉があります。

「最初に手を握った子どもと一緒に施設を卒業できますか?」

小学校一年生の子の手を握ったら、高校卒業までの約12年間施設に通い、
お子さんと関わり続けることができるか?ということになります。

その方はまさに小さい頃から長年関わり続けたお子さんの卒業を見届ける、
そんな経験を何度も何度もされていると伺いました。
みらいこども財団が目指すボランティア像をまさしく体現されている方と
お話しする機会をいただき、とても胸が熱くなりました。

一緒にお子さんたちとの持続可能な関わりの形をつくり、
拡げていくことができたらと強く思いましたし、
そのためにも自分自身が見合うだけの人間になっていかなければと改めて思います。

こうした胸が熱くなる出来事があったときにはワクワクと、
自分は相手を失望させてしまうのではないかという不安の両方を感じます。
できるできないじゃなくて、やるんだという意志を持って、
必死に考えて、形にできるように進んで行きたいです。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。