みらいブログ

児童養護施設訪問日記「ボランティアクルーからの手紙」

2022年08月02日

最初に施設職員の方から、〇さんは初対面では恥ずかしがる、△さんも初対面では緊張しますと伺っていましたが、緊張している様子はなく、最初の自己紹介の時から、最後の間違い探しゲームまで、■さん含め3人とも元気いっぱいで楽しそうに取り組んでくれました。
クルー側の自己紹介の際、「東京って知ってる?」と聞いたところ、ちょっとだけ知ってるという反応だったので、今度このような交流会の機会があれば、グーグルマップなどを使いながら、色んな町を一緒に見て、視野や好奇心を広げられたらいいなと思いました。
こちらの電波環境が悪く、時々zoomから退出してしまったり、画面が消えてしまったりしたのですが、その度に、退出になってしまったクルーの名前を呼んでくれたり、場をつなぐような会話をしてくれたりして、とても心が優しく、思いやりのある子たちだなと感動しました。
次回はUNOだったり、かるたをオンラインでしたいと言ってくれたので、みんなが楽しめるかつ、自己肯定感がより高まるコンテンツを考えていきたいです。

前回の訪問に比べて出来た事、できなかった事
子ども3人対、クルー3人で、大人数での交流会でしたが、スムーズに進めることができて、みんなも喜んでくれていた様子だったのでよかったです。

次回の課題・対策・目標
タブレットを3人で見ていて、「見えない」「画面に近づきすぎ」「私にも見せて」と3人の間で揉めてしまいそうな瞬間が何度かありました。
その度に、「みんなが画面に近づきすぎているから、一歩下がってみるとよく画面が見えると思うよ」と声をかけていたのですが、遊ぶルールとして、「みんなで仲良くが画面を見る」や「画面を独り占めしない」などを最初に伝えられたらよかったなと感じました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。