みらいブログ

児童養護施設訪問日記(ボランティアクルーからの手紙)

2022年09月06日

前回から1か月以上空いてしまったので、スムーズに意思の疎通ができるか不安でしたが、今回はチャットを使用することもなく、始めから声を出して反応してくれたので、とても嬉しかったです。
今回新しくクルーさんも加わっての交流でしたが、初対面のクルーさんのこともすんなり受け入れてくれて助かりました。
クルーさんの自己紹介を聞きつつ少しづつ〇ちゃんに話を振っていき、お互いにある程度雰囲気をつかめてきたところで、今回は心理テストをやってみました。
まだ交流を始めたばかりなので、お互いに心理テストの結果がどれだけ当てはまるのかよくわからない状態でしたが、その分「そういう一面もあるのかな…?」と想像してみるのが面白いなと感じたので、〇ちゃんも同じように楽しんでくれていると嬉しいです。
後から反省会で、〇ちゃんに対して、何かを選択するということを経験させてあげたいという職員さんのお話をお聞きして、今回少しだけですが、心理テストで「選択肢から選ぶ」という経験を積むことができて良かったと思います。
間違い探しでは、積極的に答えを口にするわけではなかったですが、「なにか見つけた?」と声をかけると一生懸命伝えようとしてくれていたのが印象的でした。
私がゆっくり自己紹介のコンテンツを進めていたせいで、間違い探しが駆け足になってしまって申し訳なかったですが、その分、続きは次回やろうと約束できたので、次回まで楽しみにしててくれると嬉しいなと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。