みらいブログ

児童養護施設訪問日記(ボランティアクルーからの手紙)

2022年09月13日

無事に洋服イベントを開催できたことが何より嬉しかったです。
11時〜15時半まで、1ユニット20分のタイムスケジュール通りに地域小規模児童養護施設の子どもたちも参加して、総勢90名程が来場されました。
夏休みが終わって学校も始まり、少し不安定な気持ちになっている子もいたかもしれません。それでも、職員さんとクルーが子どもたち全員に喜んでもらおうと一生懸命に声をかけて寄り添い、子どもたちが笑顔になって楽しんでいる姿に感動をいただきました。買い物体験を通して自分の長所や好きが発見できたり、やさしい大人に自分だけを見てもらえる喜びだったり、短い時間でしたが温かな思い出となってくれたら幸いです。
終了後も感動する場面がありました。
片付けの応援に来てくれた子どもがいたり、ホームに帰ってから洋服を着て喜んでいたとの感想を頂いたり、洋服をいっしょに選んでくれたお礼をクルーに直接伝えたくて、お手紙を渡しに来た小学生もいました。みんなの想いを感じてもらえたのかなと、充実感でいっぱいの一日となりました。
また、事前準備から仲間との共同作業でお互いのことを知れたり、参加メンバー以外の方々にもご協力いただきありがとうございました。今回のイベントを経験して、一人の力は小さいけれど、チームになれたら大きな喜びを達成できることに気づけた機会となりました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。