私たちは、自分の時間の5%を困っている人の為にシェアすること。そのような機会を通じて、人々が今より少しだけ優しくなれる機会を創造し、その仲間と共に貧困や機会差別をなくします。

人々が今よりも少しだけ優しくなれる機会を創出することで
私たちの身近にいる児童養護施設の子供達が、施設を出てからもしっかりと自立できるように、多くの大人達が支えてあげられる社会を作ることが目的です。

虐待や育児放棄で苦しむ子供たちを支援する・キズナプロジェクト

200名以上のボランティアが毎月30回以上児童養護施設を訪問して、1,500名以上の子供達を笑顔にしている日本最大のボランティア組織です。

多くの方に、児童養護施設の子供たちがいることや、多くの問題を抱えていることを知ってもらい、今より少しだけ優しくなれる機会として「キズナプロジェクト」・大きく心が傷ついた子供たちと一緒に遊んだり、学んだりするプロジェクトを企画しています。
私たちは長期的に継続的な支援をしており、現在200名以上のボランティアと毎月延べ30回以上の児童養護施設を訪問しています。