プロジェクト報告

児童養護施設訪問・日記(ボランティアクルーからの手紙)

2021年03月23日

ユニットには4人の子ども達、2人の職員さんがいらっしゃいました。11月訪問で一緒に遊んだJくん、Dくんが元気そうに遊んでる姿を見て嬉しくなりました。

①Jくんは変わらず活発で、先生とも楽しそうにおしゃべりしていました。最初は言葉少なめでしたが、読んでいる漫画の話をしてくれる時は沢山話をしてくれ、喋っている時の笑顔が素敵でした✨
②Dくんとは、Aさんが持ってこられたおもちゃでキャッチボールをしました。ボールを投げる時は気づかってゆっくり投げてくれる、とても優しい子です。甘えたがる一面もあり、15時に帰る際は「もう帰るの?」と言ってくれ、ユニットから出た後も、荷物置き場まで着いてきてくれました🏃‍♂️
③Yくんとは、動画/お絵かき/ミニカーで遊びました。物知りで、宇宙に関する動画を見た時に、沢山説明をしてくれました。自分の部屋に案内してくれた時は、「宝物を見せてあげる!」と飛行機の塗り絵を見せてくれたりと、少しずつ心開いてくれるのが嬉しかったです✏️
④Sくんは高校生で、小学生ユニットに遊びに来ていました。自己紹介も自分からできる積極的な子で、その日はボーリング大会があって優勝した!と話してくれました。その性格から、Jくんからも好かれていて、楽しそうにおしゃべりしていました。陸上部で中距離を走っていると話してくれ、Bさんと話が合うと思いました👟💨
⑤Aくんは動画に集中していて、あまりお話できませんでしたが、決められた時間を守って動画を見ていて、ルールを守れる子だと思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。