社員日記

チャイボラさんの感謝祭に参加しました。

2021年06月30日

先日、チャイボラさんの感謝祭に一般参加させていただきました。

チャイボラさんは主に社会的養護関連施設の職員の採用や定着をサポートされている団体さんだという、
ざっくりとした活動内容は知っていたのですが、
活動のスタートからチャイボラ設立、現在までの取り組みをご説明いただき、深く知ることができました。

代表の大山さんはとても明るくエネルギー溢れる方で、まっすぐなお人柄が印象的でした。
今も実際に児童養護施設で非常勤として働きながら活動されているそうで、行動力がすごいです😮

これから活動をさらに大きくされる上で、寄付募集キャンペーンを行っておられます。
https://syncable.biz/campaign/1757/

現在、児童養護施設をはじめ社会的養護の施設では職員が不足しており、
虐待などが理由で親と暮らせずに、心に傷を負っている子どもたちをケアしたいと、
施設に入られる職員さんが、人手不足の中で多くの雑用に追われながら
一人で多数のお子さんの面倒を見ることには限界があります。

子どもたちのためにという志を持って入った人たちが疲弊し、
離職してしまうということも少なくはないとお聞きしています。

また、施設様は情報発信をあまりしていないことも多く、
施設で働きたいと思う人がいても、実態がわからず結局別の職業に就くということも多いそうです。

チャイボラさんは施設で働きたい人と施設を繋いで採用をサポートし、
職員様の研修開催や相談窓口設立など、定着のサポートもされています。

職員さんの増員と職員さんの定着は子どもたちがより良いケアを受けられることにつながります。
『子どもの支援』となると子どもにだけ意識が向きがちですが、
職員さんの支援もとっても大切な『子どもの支援』です。
ぜひ皆さん応援してください!!

私たちも取り組み方は違いますが、目指すものは一緒だと思うので、
切磋琢磨して頑張っていけたらと思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。