施設訪問記

児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

2021年09月07日

◆感想シート

訪問  8月 22日

訪問回数 2回 (同一施設)

内容
折り紙、ミサンガ作り

感想、気付き、感じたこと
前回訪問した時に遊んだ子達が覚えてくれていて嬉しかったです。今回はまた違う子どもたちと遊ぶことができました。Sくんが折り紙をしている時に自分の本や今までに作ったものをお部屋から持ってきて見せてくれ、色んな折り方を教えてくれました。Kちゃんも折り紙をしたいという事で、Sくんと3人で途中苦戦しつつもカエルを協力して作ることが出来ました。みんな上手に作れて、嬉しそうに自分の作品をお部屋に持って帰っていました。色んな子が作ったものをくれたり、逆に頂戴といってくれたりしたので嬉しかったです。難しいことをすぐに諦めて少し投げやりになってしまう子に対して上手く声掛けを出来るようになりたいです。ゴミをそのままにしていたり、強い口調の子がいた時に、こうしてほしいな等ときちんと気持ちを伝えると子どもたちも分かってくれるんだなと思いました。
また、ほかのクルーさんからHちゃんが会いたいと言ってたよというお話を何度も聞いていたので、他の施設さんに所属することもあって訪問回数が減ってしまうことを職員さん越しにお手紙を渡して伝えることが出来ました。直接本人に伝えたかったのですが、帰る時にはもうお部屋に戻ってしまっていて会えず、伝えることができなかったです。所属はしていないのですが定期的に訪問させて頂き、子どもたちに会いにいきたいなと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。