プロジェクト報告

児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

2022年01月18日

訪問日時 2021年10月31日    14時~15時

訪問回数 1回目
内容 )ダンス
対象 )感想、気付き、感じたこと
こちらの施設さんには初めての訪問で、なおかつ施設訪問自体1年ぶりだったので不安しかありませんでしたが、子どもたちが想像以上に最初のストレッチから積極的に「見て見て!」と言わんばかりに近寄ってきてくれました。
普段ダンスを子どもに教える機会もない上、幼児さんというかなり対象年齢が低い子どもたちと久々に関わることになり、どこまでどう説明してどう動けば幼児さんたちでもできるか考えながら途中で振り付けを変えたり、右左やカウントの声掛けをしたり、経験不足なところでなかなか難しいところはありましたがなんとか振り付けを考えた部分を全て通して踊ることができました。
子どもたちは想像していたよりも伝えたことを一生懸命やろうとしてくれて、元気いっぱいでノリノリだったので思っていたよりもスムーズにいきました。動作を覚えること、同じことを繰り返して練習すること、というのがやはり幼児さんには難しいので、動作を真似すればいいストレッチでそこそこ時間を使ったのは正解だった気がします。
子どもたちは飲み物やタオルは特に持ってきておらず、ものすごく元気いっぱいなので休憩なしでやりました。やはり40〜50分くらいが集中力の限界かなというところでした。
また、幼児さんだとやはり余裕のあるカウントの取り方で単純な動きでないと難しい(ボックスステップも難しそうでした)感じだったので、単純でもちょっと面白みのある振りを模索したいと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。