プロジェクト報告

児童養護施設オンライン訪問日記「ボランティアクルーからの手紙」

2022年03月17日

●支援月日 3月9日(水)19時〜20時

●訪問回数   5回? (同一施設)

●支援内容
化粧品紹介、理想のメイクアップ研究をしながら雑談

●今回の支援目標
Rちゃんの心を開いてもらい、今後の円滑なコミュニケーションに繋げていくこと●今回の支援での感想、気付き、感じたこと
私自身はRちゃんとの初コンタクトだったのですが、恥ずかしがることも不機嫌になることもなく、色んなことを話してくれたので、出だしとしては良かったかなと思っています。以前から支援されていたお二方のご尽力もあり、後半になるにつれ大分打ち解けた感じで進めることができ、パティシエになるのが夢であること、七五三の時に髪をといてもらった櫛を今も大事にしていることなど、Rちゃん自身の個性が垣間見える一面をシェアしてくれて嬉しかったです。
メイクをして気分が乗ってきたのか、途中からかなりのカメラ至近距離でのポージングを披露してくれ、愉快で楽しいことが好きなんだなあとも感じましたが、自分の興味があまりないことにはまだ反応が薄かったりする部分もあるので、そこは「自分を見てほしい、知ってほしい」という承認欲求が十分満たされていないからというのもあると思うので、Rちゃんの味方だよという信頼関係を構築しながら、色んなことを一緒に話したり経験したりする中で、少しずつでも社会性やコミュニケーションの取り方について学びや気づきを得てくれればいいなと思っています。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。