みらいブログ

児童養護施設訪問日記「ボランティアクルーからの手紙」

2022年04月16日

施設さんへの訪問が1年ぶりだったので、出てきてくれた子どもたちが様変わりしていて、以前よく遊んだ子ども達はどうしているのかな、と気になりました。初めましての子ども達も多かったので、これからも継続的に訪問して、関係を築いていきたいと思いました。
Kくん、Aちゃん、Aくんとは自然の中で遊びました。Aちゃんは葉っぱや花びらでお菓子を模したものを作ったり、花びらが吹き溜まっているところを見つけて、それを花吹雪にしたりと、素敵な発想で遊びました。よもぎの葉っぱに関して学校で習ったことも教えてくれ、賢い子だなあと思いました。KくんとAくんは虫に興味津々。大きなバッタを見つけ、初めは恐る恐る、次第に大胆に追いかけていました。てんとう虫を捕まえて観察したり、習性を見つけたり…色々な発見をしていました。虫が怪我していないかも心配していて、そっと離してあげる優しさも見られました。Sくんとは2人でトランプのスピードをしました。とても上手かったです。なかなか名前を教えてくれなかったのですが、少しずつ関わっていけたらと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。