社員日記

ハプニングも醍醐味

2022年05月16日

オンラインでの支援活動を始めて半年ほどが経過しました。
月1〜2回、お一人のお子さんに対して
2人から3人のボランティアクルーが担当となって交流をします。
交流するお子さんは10名ほどに増えました。

かなり密なコミュニケーションを取れるので、集団訪問とはまた別の良さがあります。
その一人のお子さんのために、どんな遊びがいいか、どのように学習要素を入れようか、
しっかりと準備をして毎回臨んでいて、クルーさんも本当に頑張ってくださっているなぁと感じます。

回数を重ねるとハプニングも起こります。
お子さんが機嫌が悪くてなかなか話してくれなかったという話は
いろんなクルーさんからの報告があります😂

担当されているクルーさんからするとかなり困ってしまうとは思うのですが、
後から先生に事情をお聞きすると非常に子どもらしい理由で機嫌が悪くなっていただけで
クルーさんとの交流自体はとても楽しみにしていましたと教えてくださるそうです。

お子さんがそうした面を隠すことなく見せてくれるというのはポジティブなことだと思いますし、
そのお子さんの性格やちょっとしたテンションの変化についてもだんだんとわかってきて、
どういうふうに対応しようとまた試行錯誤されているクルーさんのご報告を聞いて、
よりオンライン支援の可能性を感じてワクワクしました。

もっとこの活動を拡げていけるように、引き続き取り組んでいきます!

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。