みらいブログ

児童養護施設訪問日記「ボランティアクルーからの手紙」

2022年06月05日

今回は先週も訪問していたので、子供たちが少し落ち着いているように見えました。
前回、○ちゃんと約束をしていたので、バレーボールをしました。中学生になって、バレー部に入ったこと、レシーブが好きなのでリベロをしたいけど、セッターにされそうになっていることなど、部活について色々お話ができました。○ちゃんが上手すぎて、私が練習してもらっている感じになっていましたが、私も上手くなってきてると褒めてくれました。ゆっくりコミュニケーションをとることができてよかったです。
その後は、5年生の▲ちゃんと一年生たちと鬼ごっこをしました。▲ちゃんは年下の子にとても優しく、みんなに慕われていました。素敵な関係ができているなと感じました。
最後は、□ちゃんたちと折り紙をしました。初めてみる子もいましたが、みんなきちんと自己紹介してくれて、折り紙も器用に折っていました。□ちゃんは四葉のクローバーやハートの折り方を丁寧に教えてくれました。みんなで暮らしている子たちでとても仲が良さそうで微笑ましかったです。次回はもっとお話したいなと思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。