プロジェクト報告

児童養護施設訪問日記「ボランティアクルーからの手紙」

2022年06月21日

ボランティアの感想、気付き、感じた事
 私は外遊びを担当させて頂きました。遊びの内容に関しましては、特にバドミントンやキャッチボールに喜んでくれ、とても嬉しかったです。
 また、キャッチボールをしていた際に〇くんが、年下である◇くんにボールを投げるときにしっかりとスピードを落としていたのを見て、「〇くんは活発で運動神経が良いだけでなく、思いやりがある行動ができる素晴らしい人だ」と感じました。
 そしてバドミントンでチーム戦をしていたとき、◎ちゃんが私に「お兄ちゃん一点取ったよ!!」と嬉しそうに報告してきてくれだのが本当に嬉しかったです。
 〇くんと△くん、□くんは野球がすごく好きみたいで、キャッチボールをしているときにそれぞれをプロ野球選手に例えて楽しそうにプレーをしていました。素早いダブルプレーが成功したときは盛り上がり、私もとても楽しかったです。
 また、「20分おきに日陰に涼みにいき、水分を取る」というルールは適切だと思いました。しかしそのルールにとらわれず、常に子どもたちの体調に気を配り、神経を張り続けることが外遊びでは特に重要だと感じました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。