みらいブログ

児童養護施設訪問日記 「ボランティアクルーからの手紙」

2022年06月25日

ボランティアの感想、気付き、感じた事
〇さんはいつも子供たちが大歓迎してくれる印象があります。
初めはかるたをして遊んでいました。まだ「お手つき」などのルールが難しいようで、曖昧にしていたら中学年の子から注意されていたので、ただ遊ぶだけでなくそういったルールを教えた上で遊ぶことが大切だと学びました。
Hちゃんは以前初めてお会いして、せっかく私のことを覚えてくれていたにもかかわらず、名前を忘れてしまっていました。快くもう一度教えてくれましたが、今後注意していきたいです。
その後Mちゃんと丘の上でお話ししていました。1対1で遊びたい子が多かったので、時折バランスを見て接するよう心がけました。
初めて会う子も多く、名乗る前にだっこやおんぶをお願いされました。それだけ財団が信用されていると思う反面、距離感だったりをそれとなく伝えていく必要もあるなと感じました。
色んな子と満遍なく遊ぼうとする一方で、2人きりで遊びたい子がわざと困るようなことをして気をひこうとする場面もありました。毎回注意を数回重ねて、あまりにも相手をしてしまうと「こうすれば相手してくれる」と逆効果になるのではないかと思い、しばらく落ち着くまで待つようにしていましたが、正解が分かりません。皆さんの対処法を共有頂ければ幸いです。
今回は中学年以上の子とあまり話せなかったので、次回以降機会を持てればと思います。
クルー以外にも人数が多く、子供たちは以前ほど独占欲なく楽しめていたかな、と思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。