みらいブログ

児童児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

2022年07月14日

初めて訪問したが、まだまだ人狼がはやっていて、人狼をやっていると自然とよってきてくれる子供もいた。途中で〇くんに対してまわりがかなりきつい言い方をしていたのが気になったが、最後職員さんとお話ししたときに普段から〇くんにもちょこちょこ余計な一言とかを言わないようにとかは言ってるんですけどあんまり聞いてる様子もなくて、元々結構動く感じもりありますしね~と笑いながら言っていたので、普段からこんな感じのやりとりがあるのかなと思った。ただ途中で□ちゃんがかばうような発言をしている部分もあったので、特に高校生らへんの子達は気にしている面もあるのかなと感じた。積極的に話してくれる子もいる一方でまだ財団メンバーのことを先生と呼んでいたりして、急に来る大人だから当たり前だけど、距離は遠いのかなと思った。人狼で抹消された同士だから△ちゃんの隣に行こう~~と言ったらスペースを開けてくれて一緒にカードを見せあったりふざけたりしてくれたので少しは打ち解けられた気もしたが、そもそも初訪問で緊張させてしまったことなども重なり訪問はじめや最後別れるときはもう全く興味無しみたいな子もいたので、やっぱり継続すること、ほんとに少しずつでも信頼関係を築いていくことが大切と思った。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。