みらいブログ

児童養護施設ほうもん日記(ディズニーランド編)

2022年11月12日

何でしょう、ここ何年間の出来事でも
自分にとってかなり心に残るイベントでした。

 

理由をうまく言い表せないですが、
しがらみとか立場とかを外した、
人と人の交流だったんだろうなと思います。

 

こちらのことを気遣ってくれたりもして、
とても優しい子だと思いました。
途中でサンクスカードを書いて渡してくれました。

 

もう自分もいい年なので、
歩き回ったり並んだりで、だいぶ疲弊しましたが、
何日か日が経っても
当日のことを思い出したりしてます。

 

●君はランド内に入ってから、
すぐにお土産ショップが気になったみたいで、
キャラクターの被り物帽子を買ってずっと被ってました。
僕も別キャラの被り物、買いました。笑

 

アニメの話は盛り上がりましたね。
色々とキャラクターについて教えてくれて、
好きなものがあるのはいいことだなと。

 

●君について、印象に残ったこととしては、
最初にグループで撮ったチェキの写真を
ことあるごとに眺めたりしてたのが微笑ましかったですね。

 

あとは、途中で家族のことを少しだけ話してくれました。
買った被り物帽子は、自分はもう小6なので、
少し時間が経ったら弟か妹にあげようかなというお話からの流れでした。
彼らとは一緒に暮らしてないこと、
両親とたまに面会することを教えてくれました。

 

それ以上聞くことはしませんでしたが、
どうにもならない事情があるんだろうなと。。。

 

今回のディズニーが
彼の中で良い思い出として残ってくれればいいなと。

 

以上、とりとめのない感想の断片になってしまいましたが、
元気に過ごしてほしいと思います。
良いイベントでした。

この記事を書いた人

みらいこども財団
みらいこども財団
みらいこども財団スタッフが更新しています。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。