社員日記

再始動

2023年05月17日

以前、一緒に連携を模索していた大学のボランティアセンターの方と約一年半ぶりに情報交換をさせていただきました。
(当時は私たちもオンラインでの活動を始めようという手探りな状態で、うまく連携を図れなかったのですが、一部の学生さんは今もみらいこども財団のクルーとして活動してくださっていて、とても有り難く素敵なご縁をいただけたという経緯があります)
コロナ禍で対面での実施ができない、休止・中止だった活動も、少しずつ再開できるようになってきたそうです。

みらいこども財団ではコロナ禍でも三分の一ほどの施設様で訪問活動を再開してきましたが、やはりこれからが本格的な再始動というところになるかと思います。
訪問回数を増やすことができたり、以前訪問させていただいていた施設様への訪問再開もあると思います。
集団訪問だけではなくて、個別での学習支援だったり、就業支援の取り組みだったり、訪問内容の充実も図っていきたいです。

そのためにももっとたくさんの仲間が必要です。
みらいこども財団では毎月説明会を行って、ボランティア希望の方に来ていただいておりますが、それだけではなくてこちらからもっと足を運んで、活動を知っていただく取り組みも必要ではないかと、クルーさんが色々と検討してくださっています。

近隣大学の学生さんへの働きかけもそのひとつになってくるので、大学さんとのつながりも積極的に広げていけたらと思います。
たくさんの方に活動を知っていただいて、一緒に活動したいなと思ってくださる方を増やしていけるように、引き続き情報発信をしていきたいです。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。