社員日記

映画「ひとくず」を鑑賞しました

2020年12月14日

 

映画「ひとくず」

以前、新米社員日記でご紹介させていただいた映画、
「ひとくず」を観てきました。

虐待のシーンは胸が痛くなりますし、少々うっ…という内容もありますが、
最終的には心温まる映画だったと思います。

ただ、私は物語は良いお話しで終わってほしいと考える性格なので
すっきりした気持ちで終わって良かったなと思いますが、
現実は救いがないことも多いのかもしれないと思うと複雑な気持ちになりました。

前回の記事で上西監督の「暴力をふるってしまう親もまた傷ついている」というコメントを
紹介させていただきました。
映画で描かれている母親は虐待をしたいわけではなく、
自分が親に愛された経験がないから自分も子供の愛し方がわからないという母親でした。

すべてがそうではないのかもしれませんが、虐待をしてしまう親も苦しんでいて、
虐待をなくすためには、ただ子供を守るだけではなく、
親の心も救うことができなければならないのだと改めて感じます。

また、虐待されてもなおお母さんのことが大好きでそばにいたいと思う子供の姿も描写されていて、
「このまま虐待を受け続けたらこの子は死んでしまうかもしれない。
でも親子を引き離すことが本当にこの子の幸せなのか?」
と、児童相談所や児童養護施設の職員様の葛藤は絶えないのではないかなと想像しました。

きっとこの映画で描かれていることがすべてではないですが、
あるひとつの側面から見た虐待を知ることができるということは間違いないと思います。
見ることができて良かったと思いました。

終わってから舞台挨拶がありました。
個人的な話になりますが、このような小さな劇場での映画館は初めてだったので、
とても新鮮でした👀

映画「ひとくず」HP:https://hitokuzu.com/

この記事を書いた人

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。