社員日記

人生のモデル

2022年07月15日

先日ある学生さんのオンライン里親交流会で、里親さんの親との関わりや結婚観などを少し深堀して学生さんにお話しいただくというような試みをしました。

なぜこのような話をしていただこうとなったかというと、
里親さんと学生さんがもっとお互いを知って仲を深めることができるようなお話ができればいいなと思うのですが…と学生さんの出身施設の職員様にご相談したところ、
「自分が親からどう育てられたとか、恋愛観・結婚観だとか、子育て経験のある人はどんな風に子育てしているかなど聞いてみるというのはどうですか?」とおっしゃっていただいたからです。

「小さいころから親と一緒に暮らしていないこの子が、将来家庭を持つのか持たないのかはわからないけど、こんな家庭があるんだなというモデルがたくさんあればいいなと思う」という思いもお伝えいただきました。

そこで皆さんに実際に聞いてみると、
親が厳しかったから周りから何を期待されているかを考えながら生きてきた方、
結婚してお子さんが生まれてこんな家族の形もあるんだと感じた方、
みなさんそれぞれいろいろなお話しをしてくださいました。

学生さんも共感する部分があったようで、興味深げに聞いてくれていました。

今はお友達と遊んだりすることが楽しくて(嬉しい限りです!)、将来のことはあまりイメージができていないとのことですが、人それぞれ色んな人生があるということを知ることでまた視野を広げられるのではと思いました。

異なる背景、価値観を持った複数人の大人の方とお話しできる機会は
学生さんにとって貴重な機会なんじゃないかなと交流会の度に思います。

里親の皆さんが話してくださるお話を今の時点で理解することはできなくても
それが学生さんの中に残って、何かの時に道しるべになってくれたらうれしいです。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。