社員日記

覚悟

2022年09月05日

先日、少し知りたいことがあり、いろんな施設の職員様にお電話をさせていただきました。
みなさん、とても快く教えてくださると同時に、お子さんに対する思いや
施設を退所した方を支援し続けることの難しさをお話ししてくださいました。

してあげたくてもできないこと、上手くいかないこともたくさんあって
きっとみなさん、それぞれに心が抉られるような経験をされてきたと思うのですが、
それでもお子さんのために、前を向いて日々向き合い続けていらっしゃって
その思いの深さと覚悟に本当にただただ頭が下がります。

職員様のお話をお聞きするたびに、
自分がその立場だったら同じようにできるだろうかといつも考えますが、
到底想像できるものではありません…

立場はもちろん違うので同じ覚悟を持つことはきっとできないですが、
でもそんな職員様やお子さんたちを支援したいと思うのあれば、
ボランティア団体だからこれくらいでいいとか第三者だからこれ以上はできないとか
そんな妥協を自分自身に許してはいけないし、団体としても許してはいけないんだなと思います。

いつも色々なことを教えてくださり、子どもたちのためにと
私たちにもいろんなチャンスをくださる施設の職員様に恥じないように、
真摯に向き合って、悩みながらも前向きに、
自分がすべきことに取り組んでいきたいと改めて感じています。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

私たちの仲間になって
継続寄付をお願いいたします

寄付

児童養護施設の子どもたちを支援するには長期間にわたっての支援が必要不可欠です。
現在、児童養護施設に入所する子どもは低年齢化、さらに長期化しております。
1歳から乳児院に入り、18歳で卒業するまで児童養護施設で暮らす子どもが増えています。
そのような子どもたちを長期間支援するために、サポーター会員として継続的寄付をお願いいたします。

寄付で支援する

寄付

遺贈について

寄付

遺言に基づいて特定の個人や団体に資産を分け与えることを「遺贈」といいます。
遺言書の内容により、受取人やその内容を指定することができます。
一部またはすべての財産の受取人として一般財団法人みらいこども財団をご指定いただくことで、日本で貧困や虐待で苦しんでいる子どもたちの支援や奨学金としてご支援いただけます。

遺贈について

遺贈について

オンラインセミナーに
ご参加ください。

テーマ
「貧困と虐待とみらいこども財団の
活動について」

みらいこども財団では「貧困や虐待についての現状」「児童養護施設の現状と課題」「みらいこども財団の活動内容」について詳しくお伝えするオンラインセミナーを定期的に開催しております。まずはお気軽にご参加ください。

オンラインセミナーに参加する

お気軽に
お問い合わせください。

  • バナー
  • みらいこども財団は、内閣府が主宰する「子供の未来応援基金」の支援を受けています。
    子どもたちに寄り添って草の根で支援活動をする団体として、第4回未来応援ネットワーク事業に採択されました。